祝1周年!スマホRPG「アナザーエデン」がめっちゃ好みなので紹介する

ここ1年間やり続けているゲームがあります。

そう、アナザーエデンです。

これね~!ほんと面白んすよ!

シナリオもいいし、バトルも面白いし、音楽もグラフィックも全部いい(信者)

冷静に考えて1年間も基本無料で遊び続けられるRPGってなかなか凄くないですか?

そんな大好きなアナザーエデンがこの度1周年を迎えたので、これを機に紹介したいなと思った次第です。

先にお伝えしておくとと、スーファミ~PSあたりのRPGが好きな人にものすごくおススメです!

アナザーエデン 時空を超える猫
アナザーエデン 時空を超える猫
開発元:Wright Flyer Studios
無料
posted withアプリーチ

昔ながらのRPG

こういう触れ込みのゲームいっぱいあるけど、自分が求めてた昔ながらを作ってくれたのは初めて。

スーファミ時代のゲームの作り方をしてると書いてあるインタビューがあるんだけど、遊んでる方の感覚もスーファミ時代のゲームに近い。

なにせマップを走り回れるんだ。

いやこれを言うと「ふーん」で終わることが多いんだけど、スマホでこれができるってことがほんと最高だし、革新的だなって思うんすよ。

いろんなところを探して落ちているアイテムを拾ったり、隠しマップを探し当てたり。

住人と会話するのも、シナリオが進めば内容が変わったり、そこから世界観を感じられたり。

こういった昔初めてRPGに触ったときのような、ただ楽しんで冒険してた頃を思い出させる仕掛けがいっぱいあるのが最大の魅力ですね~。

戦闘はオーソドックスなターン制

ここも昔ながら、ドラクエを想像してもらえれば手っ取り早いかなと。

パーティは6人(メイン4+控え2)で、こんな感じの戦闘画面。

各キャラは、技や魔法を3つまでセットできます。

戦闘中に使用できるアイテムはなく、戦闘不能を回復することも現在はできません。

戦闘で特徴的なのシステムは2つで、1つ目は戦闘中にメインのキャラを控えに下げたり、控えのキャラをメインに出したりできること。

控えに下げるとHPとMPがターン終了時に少しづつ回復するため、上手く交代して継戦したり、相手の大技が来る前だけそれを耐えられるキャラに交代したり。

2つ目は画面上側のゲージ

これをタップすると、そのターンはそのゲージが空になるまで味方の技を何発でも撃ち続けることができます。

これによって1ターンで一気に大ダメージを叩きこむことができ、大技が来るまでに戦闘を終わらせたり、瀕死の時に回復を連発してたて直したりすることが可能となります。

この辺りのシステムと敵の行動を考えて上手い戦略を考えるのがこのゲームの醍醐味だなと感じてます。

メカから獣人まで幅広いキャラクター

さっきの戦闘画面でなんとなくわかると思うけどほんとに色んなキャラがいます、2018年4月現在仲間になるキャラだけで90体を超えます。

職業には剣士、騎士、僧侶などはもちろん、鍛冶屋、教師、侍、お姫様といった変わり種もいる(鍛冶屋だから戦闘やフィールドで何か出来るわけではないけど)

種族は人間、エルフ、メカ、亜人、モンスターなどなど。

しかもどれも魅力的なんでいいキャラ多いんすよ、キャラごとのクエストなんてのもあるのでキャラごとに愛情が持てるのもあるんですけどね。

これだけ幅広いキャラクターが仲間になっても世界観が壊れることなく、むしろ心地よく受け入れられるのがよく考えられてるなあと思いますね。

スタミナなし、ソーシャル要素もほぼなし

実はこれが1番大事だし、気に入ってる部分。

ゲームを遊ぶためにスタミナが必要とか、他のプレイヤーと協力してとかほぼ一切なし。

一応途中から1日数回しか入れないダンジョンがあるにはあるけど、決まった時間に回復するシステムで、5分に1個とかではありません。

追加のコンテンツは1カ月に1個くらいのペースであるけど、期間限定イベントはないからもう楽しめないものがあるとかもありません。

つまり誰かと競ったりすることはなく、やりたい時にやりたいだけ、しかも自分のペースでやれるってのがほんと素晴らしいです。

よくあるスタミナ性だと色々と面倒に思うことがやっぱあるんだよね。

今めっちゃやりたいのに3回しかできなくてもどかしいとか、ひどくなるとこの時間にスタミナが回復するから一回起きてやらないと損だと感じたりとか、病気かな?

そうなってくるとなんでここまで辛いのにやってんだとか思い始めるからね、楽しんで好きにやれるってやっぱ重要ですよ。

ガチャは賛否両論

キャラクターを仲間にする方法は2つ。

1つはシナリオを進めていくと勝手に仲間になる、2つ目は夢見という方法。

んで夢見は、まあ言ってしまえばガチャです。

ここは結構賛否両論かなと思います、最もレアリティの高いキャラが出る確率がまあまあ低いから欲しいキャラが出ない時はほんと出ないしね。

このゲームではレアリティの差がそのまま能力差になっているから、レアリティが低いキャラしか引けないと悲しみを背負いやすいのは確かです。

ただ僕はあんまりこのゲームでガチャを否定する気にもなりません。

というのもガチャの当たり方に差があって、よほどの課金をしない限りは人それぞれ持っているキャラが違うことになります。

なので攻略サイトにいって、「このボスには○○と××をパーティーに入れて、~~すれば勝てる」みたいなことが基本ないんすよ。

あくまで敵の行動や能力を知っても自分だけのパーティーで自分だけの戦略を考える必要があるんです。

ほんとに手持ちが揃ってないと攻略が難しいのなんて、一部のエンドコンテンツと言われる部分だけですし。

メインストーリーをクリアするだけならば、シナリオ上で仲間になるキャラを育てればクリアできることも判明してるしね。

なので強いキャラが当たったらラッキーくらいで遊ぶと精神的にもいいんじゃないかなと思います。

まとめると:RPG好きなら絶対やるべき


これ!特に昔のRPG好きのおじ共には絶対触って見て欲しい。

ちなみに音楽はクロノトリガーの担当、光田康典さん率いるプロキオン・スタジオ(光田さんもオープニングテーマをご担当なさってます)。

シナリオ・演出もクロノトリガーの加藤正人さんと、どことなくクロノトリガーに近い雰囲気が感じられます。

シナリオでは過去、現代、未来と3つの時代にワープしますし、キャラクター面では仲間にカエルの剣士がいて、そいつの名前がサイラスだったりとか。(初めて見た時さすがに大丈夫なんか?って思った)

と言っても知らないと楽しめないなんてことはなくて、知ってるとクスリとさせられる程度なのでご安心ください。

重ねてになるけどスーファミプレステ時代のRPGが好きなら絶対ハマれると思うので、ぜひやって見て欲しい作品です!

ちなみに今度switch版が出るらしい、絶対買います(信者)

アナザーエデン 時空を超える猫
アナザーエデン 時空を超える猫
開発元:Wright Flyer Studios
無料
posted withアプリーチ