東京ゲームタクト2018「吹奏楽で響かせるバトルBGM史」を聴いてきたよ!

急に自分の話を始めて恐縮なんですけど、ゲーム音楽めっちゃ好きなんですよ。

Zwei!!の記事でも書いたけど、初めて買ったサントラはZwei!!のサントラだし、これまで買ったCDの枚数もゲーム8:他2くらいだからね。

インストゥルメンタルの曲が好きなのも絶対ゲーム音楽の影響だと思ってます。

んで実は僕、最近関東に引っ越したんだけど、こっちにきたらこれだけは絶対やるって決めてたことがありまして。

それがゲーム音楽のコンサートに行くこと!

これがもう楽しみで楽しみでねえ!

ほんとはもっと早くから行きたいなと思ってたんだけど、ちょっとバタバタしてたり、ブログを中心に新しいことを始めたりでなかなか暇がなくて。

で、生活も落ち着いてきたし、そろそろなにか行きたいな~って探してたところ、東京ゲームタクト2018ってイベントを発見。

早い話がみんなでゲーム音楽を楽しみましょうってイベントですね、その中でコンサートもいっぱいあるよって感じの。

ただサイトで確かめてみたら、これがなかなか他のコンサートとも違ってましてね。(もちろんいい意味で)

これは行ってみたい!と思える要素がいくつもあったので、レポの前にちょっと紹介をしたいと思います。

出演アーティストが超豪華

で、実際何が違うのかというと、まず出演アーティストがめっちゃ豪華!

豪華すぎて、これヤバないですか?

敬称略で少しばかり紹介させていただくと、

坂本英城、岩垂徳行、中條謙自、なるけみちこ、マリアム・アボンナサー、いとうけいすけ、植松伸夫etc…

って神しかおらんやんけ!(興奮)

ゲーム音楽好きな人なら知らない人はいないレベルの人がぞろぞろいて、これだけで行きたくなってくるよね。

プログラム数多くて楽しい

アーティストが聞いたことある名前しか出てこなくてこの時点で神イベント確定なんですけど、プログラムもまた凄い。

大体こういうコンサートとかって、1日1公演、あって昼の部夜の部ってスタイルをよく聞くんですけど、ゲームタクトはこれ見てよ。

引用:ゲームタクト2018公式、プログラムページより

公演数多すぎワロタ

色んな公演があって、自分が参加したいと思う公演を自由に楽しむ。

このプログラムを見るだけでも、そんな雰囲気を感じることができますね。

どれを聴きに行こう?

で、早速日程を調整して両日行こうと思ったんだけど、5日は既に予定が埋まってしまっていたため、残念ながら行くことはできなさそう。

というわけで4日のどれに行くか?と悩んだわけであります。(今考えると全部行けばよかったと思った)

さてプログラムを眺めながら考えたところ・・・

「オーケストラで奏でる名作RPGの音楽」は絶対外れないでしょう。

曲目もMOTHER2、大神、グランディア、クロノ・クロス、クロノ・トリガー、ファイナルファンタジー、ペルソナ、ポケモン、etc…と、1~9番まで全員イチローで固めましたみたいなラインナップ。

「歌とピアノで紡ぐゲーム音楽」も確認できる演奏タイトルは2つと少ない。

ですが、ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクルから「カゼノネ」、アルトネリコ3から「星巡り歌」とこれまた名曲の数々を期待できます。

「サカモト教授ピアノ4重奏スペシャルコンサート」も捨てがたい。

演奏タイトルがICO、NiGHTS、MOTHER、UNDERTALEとピアノとの相性がグンバツ確定のものばかり。

こんなんピアノでやられたら完全に聴く麻薬と化すでしょう。

「ファミ箏 〜ゲーム音楽和楽戦!〜」は変わり種だからこそ心を揺さぶられます。

討鬼伝シリーズや源平討魔伝など、和楽器でやることを前提だろうという曲もあるけど、和楽器は日本に住んでいるのに馴染みが薄い世界だからこそ聴いてみたいのもありますね。

しかし、今回これらの強豪プログラム達を抑えて僕が行ってみようと思ったのはこちら!

「吹奏楽で響かせるバトルBGM史」

これはいいぞお!RPGばっかりやってきた僕としては、これほど「それを待ってたんだ!」って企画もなかったです。

タイトルでなんとなく予想がついてると思うけど、その名のとおりバトルBGMばっかりを吹奏楽で2時間たっぷり楽しむプログラムです、めちゃくちゃマニアック

正直「オーケストラで奏でる名作RPGの音楽」とどっちにするか・・・!?とめちゃくちゃ迷ったんだけど、おそらくこっちのほうが今後聴ける可能性が低いんじゃないかと思ったのでこっちを選びました。

あと「オーケストラで奏でる名作RPGの音楽」の曲はほぼ知ってるけど、「吹奏楽で響かせるバトルBGM史」の方はサウザンドメモリーズや討鬼伝を聴いたことがなかったからというのもあります。

ゲーム音楽の楽しみ方として、自分がプレイしたゲームの音楽を聴いて「このシーン最高だよな!」とか「涙不可避」とかって、思い出を懐かしみながら聴くってのはもちろんありますよね。

ただ僕は先にゲームの音楽から入って「このゲームの音楽いいな」「ゲーム自体も面白そうだしやってみるか」という流れを繰り返してきたため、自分の知らないゲーム音楽を聴けるのも楽しみだったんですよねー。

ってなわけで当日

11時過ぎに大田区民ホール・アプリコに到着!

駅から4~5分で来れたし、こんな感じでポスターも張られてたんで迷わずに来れました。

中に入るとすぐ総合案内やプログラムの表示があって、その横に当日券販売もあったのでとりあえず購入。

無事購入できて一安心。

このプログラムは全席自由(少しだけ前売りの指定があったかな?)だったので、早めに到着すればいい席がとれるらしい。

ということで物販やトークが行われてる展示室にも行ってみたい気持ちもあったけど、せっかくだしすぐに列に並ぶことにしました。

まだ人があまり並んでない時に並べたこともあって、運よく真正面の前から7,8列目あたりというなかなか素晴らしい席を確保。

席からはこんな眺め、ステージ上の方の表情もわかるくらいでいい感じ!

開演2~30分前

作曲家の坂本英城さん、立石孝さん、下村陽子さん、いとうけいすけさん、桑原理一郎さんの神5柱がご登場なさって一気にテンションの上がる僕。

昔の曲作りの現場とか、それぞれどんなことをしながら曲作りをしているのかとか、ちょっと外れてスト2の昇竜拳だせなかったんだよねとか、作曲家さんたちの素顔みたいなものも感じられる面白いトークでした。

コンサートは音楽聴くのが面白いのは間違いないんだけど、普段聞くことのできない作曲家さんたちの話をきけるのも醍醐味の1つだよね。

開演~公演終了

このプログラムはゲーム音楽の進化ってのもどうやらテーマの一つだったみたいなんだけど、それをかなり感じました。

第一部がロックマン2、スト2、ロマサガ3とFCとSFCからのチョイス。

この頃ってFCが3和音、SFCが8和音しか使えないこともあって、メロディがメチャクチャ印象的ですよね。

2部以降になるとスマホや最近の機種のタイトルで、色んな表現が可能になったためだと思うんだけど、リズムが特徴的な曲が増えたなと感じました。

もちろんメロディがいいなと感じる曲もあって、いろんな曲が出てきたってこと自体がすでに進化を感じさせるなあと思うわけです。

そんなところでバトルBGM一つをとっても、ゲームの進化を感じましたね~。

まあ後は端的に申し上げて最高でした。

特によくプレイしていたこともあってロマサガ3はヤバかった、ほぼイきかけました。

まとめると:来年はもっと気合い入れて行きます

何度も言うけど最高でしたね、いやほんとに。

もっといっぱい参加したかったと思うばかりです。

ちなみに地下の展示室には、物販やトークショーをやっていたり、

こんな感じで来場者や出演者、作曲家さんたちの記念カキコ(激古)もありました。

さっきまで奏者として出ていた方も普通に展示室に来てたりして、みんなで楽しむイベントというのを強く感じましたね。

ほんとめちゃくちゃ楽しかったので、来年は絶対2日間フルで聴きに行きます。

2日間で3万円の全公演チケットがあるみたいですけど、それ買っても十分すぎるくらい満足できると思ったよ!

というわけでゲームタクト2018のレポでした。

また他のゲーム音楽コンサートに参加したら書きたいと思います!

それでは!