心理戦が面白いカードゲーム「Night Clan」が大好きなので紹介する

こんにちは、roneです。

先日「Blade Rondo」ってカードゲームについて記事を書きまして。

そこでも書いたんですが、僕、心理戦があるカードゲームが大好きなんですよ。

MTGをやってたことが大いに関係していると思うんですけど、読み合いを制して勝ったときの快感がたまんないんですよね。

で、早速本題なんですが。

先ほどの「Blade Rondo」を買うきっかけとなった「Night Clan」というゲームもメチャクチャ気に入ってまして。

今更ですがこちらもぜひ紹介しておきたいなと思ったので、今日はこの「Night Clan」を紹介します。

このゲームは一言でいうと読み合いがたまらないゲームで、ちょっとした時間でちょっとした駆け引きを楽しみたい人におススメのゲームです。

で、どんなゲーム?

2~4人用のカードゲームです。

ルールがシンプルでなおかつ、ちょっとした心理戦となるので、個人的な感想としてはトランプの大富豪みたいな雰囲気を感じました。

まず内容物ですが、説明書のほかには大きく分けて2種類のカードがあります。

それが場所カードとプレイヤーカード

このゲームではプレイヤーは資産家になり、7人の娘と財宝を夜警や宿り木の力を借りて様々な場所に隠し、トロールから守ることが目的です。

実際のゲームでは、場所カードに様々なプレイヤーカードを配置し、自分の色のプレイヤーカードを多く配置した人がその場所を占領します。

そしてそこにあるモノ(点数)を総取りして、多く点数を取った人が勝ちというルールです。

これだけではピンとこないと思いますので、簡単にゲームの流れを見ていきます。

まずゲームをプレイする準備として、指定の場所カードをテーブルに並べ、各プレイヤーは好きな色のデッキを選び、シャッフルします。

よくシャッフルしたら、デッキから裏向きに3枚カードを引き、それを手札としてゲームスタート


こんな感じ。

先攻の決め方は自由です、今回はが先攻としました。


まず赤はこの3枚の手札から、2枚を好きな場所に配置します。

ただし、場所カードの右上に書かれている数値以上の枚数は、置くことができません

例えば5の場所カードに、すでに4枚のカードが置かれている場合、そこにはあと1枚しかカードを置くことはできないということです。

逆にそうでなければ、どのように配置してもかまいません。

例えば、


別々の場所に1枚ずつ置いてもいいですし、


同じ場所に2枚置いてもかまいません。

2枚置き終えると、赤のプレイヤーはデッキからカードを2枚引いて手札を3枚にします。

これでターンが終わり、次は青のプレイヤーの番です。

青も同じように、3枚の手札から2枚好きな場所に置いて、デッキから2枚引いて終わり。

これをデッキがなくなるまで各プレイヤーが繰り返します。

このように各プレイヤーがデッキを使い終えるとゲーム終了で、得点計算に移ります。

得点計算では、まず場所の所有者を明らかにします

場所の所有者の判別は簡単で、過半数をとった人がその場所の所有者となります

例えば上の画像では、1番左の5の場所は赤が3枚青が2枚なので、この場所は赤のプレイヤーのものとなります。

次の6の場所は赤が2枚青が4枚なので、こちらは青のプレイヤーのものとなる場所になります。

その後、各プレイヤーカードに書かれている数字を合計していき、その点数が得点となります。

ただ見て頂けるとわかると思いますが、プレイヤーカードには表向きで置くカードと、裏向きで置くカードがあります。

裏向きで置くカードには、単なる得点カードだけでなく、その場所のカードを没収してしまうカードもあり、それが駆け引きの要因となります。

プレイヤーカードの効果について

なんとなくゲームの流れを理解していただけたと思うので、具体的にプレイヤーカードの効果について説明していきます。

まず表向きで出すカードが2種類あります。


1つ目はDaughter(娘)のカードで、デッキの中に7枚あり、ゲーム終了時に点数として数えられます。

2つ目はNight Watch(夜警)のカードで、デッキの中に2枚あり、置いたときに他のカードを移動させる能力を持ちます。

カードの動かし方は2通りで、他の場所に置かれている自分のカードを夜警を置いた場所に持ってくるか、夜警を置いた場所に置かれている別の色のカードを他の場所に移動させるかです


例えばこの状況で、赤が8の場所カードのところに夜警を置くとします。

この時、赤のプレイヤーは、6のところにあるの娘を8に持ってくるか、


逆に8のところにあるの娘を、他の場所に移させるかです。


夜警はこのように場所を確保する助けをしたり、トロールだと思われるカードを他の場所に動かしたりして、上手く自分の娘や財宝を隠します

次に裏向きで出すカードが3種類


Mistletoe(宿り木)のカードとTroll(トロール)のカードが1枚ずつ。

そしてRiches(財宝)のカードが2枚です。

財宝は裏向きで出しますが、特に効果はなく、ゲーム終了時の得点が2点増えるだけのカードです。

次のトロールは、このゲームのキーになるカードです。

通常では自分の色を多く配置したプレイヤーがその場所を占領しますが、トロールはその場所に置かれている全てのカードを没収します。(その場所は誰のモノにもならず、得点も入らない)

よって自分がいっぱいカードを配置した場所にトロールを配置されると、自分の得点を潰されることになります。

ただ逆もしかりで、相手が取りそうな場所にうまく配置してやれば、相手の得点を大きく潰すことができます。

そして最後の宿り木は、トロールのカードの枚数以上の宿り木のカードが同じ場所に置かれている場合、トロールの効果を無効化し、通常通り得点計算を行います

なので相手がトロールを配置してきたと思ったら、そこに宿り木を置いて守り、逆に相手が宿り木で守ってきたと思ったら、夜警でどかしてトロールでかっさらってやるといいでしょう。

得点計算はどうやるの?

先ほどのこの例で、得点計算を行ってみます。

まず、左の5から順番に見ていきます。


5の場所では、まず赤が3枚青が2枚配置されていたため、この場所はのものとなります。

次に得点計算です。

プレイヤーカードの合計は赤の娘2枚で2点、赤の財宝1枚で2点、青の娘1枚で1点、青の夜警1枚でー1点となり、2+2+1-1で計4点がのものとなります。


次に6の場所の裏向きのカードを開くと、このようになっていました。

通常なら青が4枚赤が2枚なのでの場所となりますが、トロールがいるためこの場所は没収され、得点にならず0点となります。


7の場所を見ると、赤が4枚青が3枚なのでの場所となります。

このときトロールが1枚ありますが、宿り木のカードが2枚あるため宿り木の効果でトロールから守られます。

よってこの場所は没収とならず、通常通り得点計算を行うことになります。

このとき娘が3枚で3点、宿り木が2枚で2点、夜警が1枚で-1点、トロールが1枚でー2点なので、3+2-1-2で計2点がに入ります。


最後に8の場所を見ると、赤4枚青4枚で引き分けとなっています。

この場合、この場所は誰のモノにもなりません。

よって誰にも得点も入りません。

全て計算してみると、

5の場所:赤4点
6の場所:トロールにより得点なし
7の場所:赤2点
8の場所:引き分けにより得点なし

となり、結果が6点が0点赤の勝利となりました。

まとめ

夜警と裏向きのカードの駆け引きが、ほんとに面白いです。

「ここは相手にとって有利な場所だから、当然財宝や宿り木を置いているだろう」と予想して夜警で裏向きのカードを動かしたら、実はそれがトロールだったとかよくあります。

逆にデッキのカードの引き次第なところもあるので、序盤でいきなり裏向きカード4枚を配置してきて何が何か全然読めないなんてこともあり、それが笑える結果になったりします。

簡単なルールで1ゲーム10分~20分程度で終わりますが、どこまで相手を信用するかという心理戦がちゃんと組み込まれているのが面白いところですね。

カードだけしか必要なモノもなく、ちょっとしたスペースで気軽に遊べるのも嬉しいところだなと思っています。

ルールも見た目以上に簡単ですし、すぐ慣れるゲームですので、ぜひ皆さんも友達とプレイしてみてください!

それでは!