【初心者向け】ボードゲームを綺麗に保管する方法

こんにちは、roneです。

いきなりですが、ボードゲームを買ったらまず何をしますか?

「そんなもん遊ぶに決まってるだろ!」

と思われた方。
まさしくその通りなんですが、ちょっと待ってください。

その前に綺麗に保管する方法を考えましょう。

「めんどい・・・遊びたいし遊んでからで良くない?」

もちろん遊びたい気持ちは凄くわかるのですが、もし遊んでいて傷ついてしまったら、その傷を治すことは困難です。

長く楽しく遊ぶために、綺麗な状態のまま長く使える保管方法を考えるのは必須と言えます。

ただ、「そうはいってもどうやればいいの?」と思われる初心者の方は多いと思います。

というわけで今回は、初心者の方に向けてボードゲームを綺麗に保管しておく方法をお伝えします。

カードはスリーブに入れる

カードをスリーブに入れるメリットは大きく分けて2つあります。

傷がつかない

これが最重要で、傷がつかずにいつまでも綺麗なまま保管しておけます。

別に傷くらいついても遊べるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、傷がついてしまうと傷によって何のカードか判別できてしまうため、ランダムにカードを引くようなゲームの場合では致命的になります。

ゲームをいつまでも楽しくプレイするためにも、スリーブは必須となります。

シャッフルがしやすくなる

これもあります。
スリーブに入れるとシャッフルがしやすくなるんですよね。

一般的にシャッフルしてと言われた場合、多くの人がやるのがヒンズーシャッフルでしょう。


カード全体を片手に持って、もう片方の手で何枚かを上か下に重ねるお馴染みのシャッフルですね。

このシャッフルだけでも悪くはないんですが、カードがまとまって移動するので、よくシャッフルされているという感じにはなりづらいと思います。
そこでファローシャッフルを組み合わせると良くシャッフルされます。


やり方はこの通り、カードの端をかみ合わせて交互に差し込むだけ。
これをヒンズーシャッフルの間にやってあげると、よく混ざるためおススメです。

ただこのファローシャッフル、スリーブに入れないと凄くやりづらいです。(僕はできたことがありません)
シャッフルの手間を省いて早くゲームを開始するためにも、スリーブに入れてあげるといいでしょう。

ちなみに同じことようなことを、リフルシャッフル(遊戯王的に言うとショットガンシャッフル)という方法で可能ではあるんですが、確実にカードを痛めるのでやめた方がいいでしょう。

まとめ
スリーブには、カードを傷から守る、シャッフルをしやすくなる効果があるよ!

スリーブを選ぶ際のポイント

ハードタイプかソフトタイプか

ハードタイプには、しっかりと守ってくれる、上記のファローシャッフルがしやすくなるなどのメリットがあります。

しかし値段がソフトタイプに対して少し高め
またカード本体の大きさより少し大きめのモノを選ぶ必要がありますので、ピッタリ収納されているケースに入らなくなるなどのデメリットもあります。

ソフトタイプは値段がハードタイプに比べて安いのと、大きさがほぼピッタリなので元のケースに収納可能な点がメリットに挙げられます。
反面、ハードタイプに比べてカードに傷がつきやすいということはデメリットです。(それでも生身よりは遥かにいいですが)
また素材が柔らかいためか、ハードタイプより裂けやすく、入れ替えの回数が増えることなどもデメリットでしょう。
なお僕は、先ほどのファローシャッフルもソフトタイプでは上手くできませんでした。

どちらも一長一短なため、どちらがいいとは言えませんが、僕はハードタイプをおススメします。
傷つけては意味がないですし、なによりシャッフルがしやすいのはいいですよね。

大きさ

ハードタイプの場合、スリーブは端の部分が固く、カードの大きさと同じものを選ぶとほぼ入りません。
よって、カードの大きさ+2mm程度のものを選ぶといいでしょう。
例えば58mm*86mmのカードであれば、60mm*88mmのスリーブをおススメします。

ソフトタイプの場合はそのようなことはないので、カードの大きさと同じものを選べばOKです。

柄や色

柄や色に関しては、同じゲームで裏面が違うカードを使用することがあるかどうかを気にする必要があります。
もし裏面が違うカードを使用することがあるのなら、絶対透明なスリーブを選びましょう。
スリーブのせいで裏面が見えなくてゲームに支障をきたす、なんて本末転倒ですからね。

裏面が同じものしかない、あるいは裏面が見えなくても問題ない、という場合はどのスリーブでも良いと思います。
自分の好きな柄や色のスリーブに入れるといいでしょう。

まとめ
  • ハードタイプ、ソフトタイプがあり、一長一短。
  • おススメはハードタイプ、傷つきにくいし、シャッフルもしやすくなるよ!
  • ハードタイプはカードの大きさ+2mmのもの、ソフトタイプはカードの大きさのものを選ぶといいよ!
  • 裏面が見える必要があるなら透明なスリーブを、そうでないなら好きなスリーブでOK!

スリーブに入れたらカードケースに保管

カードをスリーブに入れると、大きさや厚みが増すため、元のケースに入らないことがあります。

その場合はカードケースを利用しましょう。

TCGのデッキケースや、ストレージボックスなどがお手軽に大量にカードを収納できるためおススメです。

100均のケースやチャック袋もおススメ

これらも使い勝手が素晴らしいです。

特にチャック袋も汎用性が高く、サイコロなどのちょっとした小物をまとめておくのに最適だと思っています。

またツイッターを見ていると、「これが100均で作れるの!?」と驚くようなものを作っている方たちもたくさんいらっしゃいます。

めちゃくちゃカッコいい・・・

こういうのを自分で考えて作ってみるのも、ボードゲームの楽しみ方の1つなのかもしれませんね。

まとめ

今回はとても簡単な方法のみをお伝えしました。

他にもお菓子の空き箱を使ったり、箱の中に仕切りを立てて混ざらないように工夫したりするなど、まだまだ色んな方法があります。

DIYではないですが、自分だけの収納を作ると、そのゲームにも愛着が沸きやすいかもしれませんね。

自分に合った保管方法を見つけて、好きなゲームをいつまでも楽しく遊びましょう。

それでは!