2人旅にボードゲームを4個持って行ったので勝手にレビューしてみる

先週東北に旅行に行ってきた。

一週間かけて全ての県の名所を見れるだけ見て回る、非常に楽しい旅だった。

本来であれば「ここ、よかったよ!」的な記事を書きたいところだったのだが、デジカメをレンタカー内に忘れるという凡ミスof凡ミスをやらかしてしまったため、今回は別の記事を書くことにした。

題して、

「2人旅に持っていったボードゲームで、旅行に向いているのはどれなのかレビュー!」

持っていきやすさ、ルールのわかりやすさ、気軽に楽しめるか(遊びやすさ)などで評価を行い、どういうボードゲームが旅行に向いているかを考えていこうと思う。

花火(Hanabi)

個人的にかなり好感触。

持ち運びやすい事に加えて、大きなスペースが必要ないので旅館だけでなくホテルでも楽しみやすい。

プレイ時間も1プレイ30分程度で、準備もほぼ必要ない。

ルール説明もすぐ終わると気軽に楽しめるのが素晴らしい。

欠点としては記憶力、決断力、思考力など、頭をフル回転させるゲームなため、疲れを癒すために来ているはずの旅行でなぜか疲れること。

また相手への指示が下手だったり、記憶違いで間違ったカードを出したりすると、友人との仲が悪くなりかねないことも欠点に挙げられる。

<strong>まとめ</strong>
  • 持ち運びやすさ:☆☆☆☆☆
  • わかりやすさ :☆☆☆☆
  • 遊びやすさ  :☆☆☆
  • 友情破壊度  :☆
  • 「さっきそれの情報あげただろ、ふざけんなよ!」と僕が言われた回数:☆☆☆☆☆☆☆☆

ハートオブクラウン

おもしろいよね、ほんと。

これ1つ持って行っておけば色んなカードの組み合わせで5日程度は楽しめると、ゲームの寿命が長いのが良い。

カードの枚数自体は多いけど、逆に言えばそれだけなのでリュックやケースの中でかさばらない点も良い。

欠点としては「そうは言ってもカード量はあるため重い」「それなりに頭を使うので疲れる」「相手への攻撃カードを使いまくって無双すると友人との仲が悪くなりかねない」などが挙げられる。

またやったことない人がいた場合、覚えるルールが多くて辛いというのもある。

まとめ
  • 持ち運びやすさ:☆☆☆☆☆
  • わかりやすさ :☆
  • 遊びやすさ  :☆☆☆
  • 友情破壊度  :☆☆
  • 好きな姫を擁立できたら勝ちでいいんじゃないかと思う度:☆☆☆☆☆☆

王への請願

戦略を問われるゲームだけど、運要素も強めなゲームなのでかなり盛り上がる。

コンポーネントがサイコロ12個、カード60枚、カードの概要が書いたカード数枚くらいと、持ち運びやすいのもいい感じ。

欠点としては「2人プレイでもまあまあなスペースが必要」「友人がケモナーだった場合、興奮しすぎてゲームどころではない」「最後は運ゲーとなるためツキすぎて勝つと友人との仲が悪くなりかねない」などが挙げられる。

ハートオブクラウンほどではないけどかなり覚えることがあるため、そこもマイナス点。

まとめ
  • 持ち運びやすさ:☆☆☆☆☆
  • わかりやすさ :☆☆
  • 遊びやすさ  :☆☆☆☆
  • 友情破壊度  :☆☆
  • この絵でケモナーに目覚めそうになった回数:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

街コロ

これ1つ持っていくと3日くらいは楽しんでられるのが素晴らしい。

スタンダードプレイをすると大きなスペースが必要になるので、購入できる施設を10枚に限定するルールがいいと思う。(それでもそれなりのスペースはいる)

持ち運びは多少重いが許容できる範囲、ここまで挙げた中では比較的頭を使わずに遊べるゲームだと思った。

欠点としては「多少箱がでかい」「というか内容物に対して箱がでかすぎる」「あまりにも誰か1人のサイコロの出目がひどすぎると微妙な空気になって友人との仲が悪くなりかねない」などが挙げられる。

まとめ
  • 持ち運びやすさ:☆☆☆☆
  • わかりやすさ :☆☆☆
  • 遊びやすさ  :☆☆☆☆
  • 友情破壊度  :☆☆☆
  • 期待値最高のはずの7が出なさ過ぎて上手く笑えなくなってくる度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

まとめ:もっとシンプルなゲームを持っていこう

今回はあまりにも頭を使う系のゲームに寄りすぎた(反省)

ただでさえ移動で疲れているというのに、宿でさらに頭にまで追い打ちをかけてどうするのか。

もっと脳みそ空っぽで直感的に楽しめるものがいいと思った。

例えばキャプテンリノ。

単純だし持ち運びやすい、さらに場所もあまり必要ないと求められている要素が全てそろっている。

ゆるキャン△のボドゲも多少のカードしか必要ないので持っていきやすいかもしれない(トランプを持っていけば代用できるし)

もし4人くらいの旅だとコヨーテや人狼、そもそも持っていく必要もないワードウルフなども有力な選択肢になると思う。

あと実は「テストプレイなんてしてないよ」が一番適している説はあるよね。

盛り上がる、笑える、考える必要がないと3拍子そろった吉野家みたいなお手軽さが素晴らしい。

もちろん「それでも戦略性のあるゲームがやりたいんや!」って人には今回持っていったゲーム達も文句なくおススメできる。

お互いがルールを知っていればBlade Rondoなんかもアリだと思う。

と、ここまで色々と言ってきたわけだが、おそらく「コンポーネントが多くない」「箱がでかくなく持ち運びやすい」「ルールがそこまで複雑じゃない」あたりをクリアできれば、どのボードゲームでも楽しめるのではないかと思う。

旅館でやるボードゲームがなぜかいつもより楽しかったのも間違いないので、ぜひ旅行のお供にボードゲームを持っていってみてもらいたい。

ゆるキャン△のボードゲームはキャンプ時に遊べるのか?買ってみた感想

2018.06.08

【スマホ版】無料ですぐ遊べる名作ボードゲームアプリ6選!

2018.06.15