階段を降りるの苦手同盟発足

突然だけど、階段を降りるのが苦手同盟を発足します。

階段を降りるのめちゃくちゃ苦手なんだけど、わかる人いない?

昔からなんか降りるの苦手なのよね、下手くそナメクジと言い換えてもいい。

なぜ苦手なのか

その1:怖い

まずは絶対的にこれ。
怖くない?階段なんて踏み外したら怪我するじゃんよ。
というより子供のころはガンガン友達の真似をして、ガンガン足を踏み外し、ガンガン怪我をし続けてた。
そういった子供のころの経験が、階段を降りるたびに脳裏をよぎるので慎重になるんだ。

たまにさ、急いでる人が1段飛ばしとかでガンガン降りていくのを見るけど、アレとかマジで意味不明だもん。
階段降りるオリンピックのワールドレコードでも狙ってるのか?って思うくらいのスピードで降りてくじゃんよ、なんなん?あれ

その2:バランス感覚が悪すぎる

これもでかい。
おそらくだけど降りるときのバランスのとり方がどうにも下手すぎるんだと思う。

『ちょっと何言ってるかわからないです』って方のために詳しく説明すると、階段を降りる時って短時間片足立ちの状態になるじゃないですか。

で、そのまま足を下ろせばいいのであればどうとでもなるんだけど、一歩前に足を進めながら下ろすって行為が僕にとって難易度が高すぎるのである。

書いてて思ったけど、自分でもちょっと何言ってるかわからないです。

階段を降りる感覚が30年近く生きてきて未だにつかめていない可能性がある。

その3:つま先から地面に接地することに慣れてない

おそらく共感を得られないだろうけど、僕の中では最大に考えられる理由。

僕は小学生のころにマーチングをやってた関係で、かかとから歩く癖がある。

どういうこと?って人のために一応説明しておくと、マーチングでは『楽器を揺らさない』『上下に振れると見栄えが悪い』『転ばないように』などの理由でかかとから歩くことが基本なわけだ。

このため小学生のころに常日頃からかかとから接地して歩くことを心がけていった結果、20年以上経った今でも僕はかかとから歩く癖が今でも抜けていない。

で、階段を上るときは別にかかとから入っても問題ないんだけど、降りるときにかかとから入るって相当難しい。
一歩前に進みながら足を下ろすという行為自体でつまづいているのに、そこに更にかかとから降りるなんて縛りプレイ以外の何物でもないわけである。

で、これを色んな人に話したんだけど結構な確率で「いやかかとから降りてるけど・・・」って返答をもらうことがあるので、僕の物理法則が乱れている可能性がある。

その4:足が長すぎる

すまん~~~~~!!!
足が長すぎるから!!俺の足が長すぎるからもっと前に踏み出そうとしてしまうんだ~~~!!
これは俺が悪い!!すまん!誰のせいでもない!!!

うっとうしい書き出しだけど実際のところ、足を前に出しすぎてるんだと思う。
階段を上るときは出しすぎても問題ないじゃない、だって出しすぎても次の階段の壁で物理的に止まるから。
でも降りるときはそうはいかない、出したら出した分だけ前に進めてしまう。

改善方法はないのか?

かかとから降りる

『さっきそれキツイって話してたやんけ!!』と思われたかもしれないのだが、これが一番早い解決策なら練習する価値はあるのである。
実のところ、僕は普通に歩く分にはかかとから入るのが一番慣れているし、

で、実際にやってみたのだが、無理でした。心おれまくり。

この方法の問題点は、つま先から降りるのと同じ場所にかかとを持っていってしまうため、何度も足の半分以上が宙に浮き、危うく踏み外しそうになってしまったことである。

その結果余計に恐怖が増してしまい、結果的に『こらあかんわ』となってしまった。

バランス感覚を磨く

バランスボールとか乗ってみたりしたけど、まあそんな簡単には鍛えられないよね。

ゆっくり降りる

諦めの境地。

これは最終手段だけどやっぱり効果的だったりする。

怖いって感情は踏み外したらどうしよう・・・って不安からくるものだし、他2つは染みついた体の使い方的に強制するのは難しい。

であればそれはそういうものだと割り切ってゆっくり降りてしまえばいい、これが一番シンプルな解決法である。

足を縮める

無理

どうすればいいんだ・・・

いろいろと解決法を考えては試してみていたが、まったく成果が上がっていない。

現実的なのはゆっくり降りることなのだが、友人たちと一緒に階段を降りようにもスピードが違いすぎたら悲しくなるじゃない!

だから!俺は!少しでも人並みの速さで階段を下りられるようになりたいだけなのに!!!

俺は一体どうすればいいんだああああああああああああああああああ!!!!!!

え、エスカレーターを使え?

え、あ、うん・・・そうだね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください