DMM.R18がFANZAに改名した理由を読んでみたら妙に納得できた話

DMM.R18がFANZAに改名したらしい

いや言いたいことはわかるよ、『しっくりこねえな』って思ったでしょ。
それはそう、俺もそう。

ちゃんとしたニュースサイトでは『DMMブランドを成人向けから切り離すことで、ブランドイメージを変える狙いがありそう』って言われてるらしいけど、どうやったって今はまだDMM=エロのイメージが強すぎるもんね

今まで『そば一筋で30年頑張ってきました』ってお店が、急に『パスタ専門店に鞍替えしました』みたいな違和感があるもんな。

でもこのFANZA、理由を聞けばかなり納得できるネーミングだったので、ぜひ聞いて欲しい。

まず、そもそもFANZAの名前の由来は何なのか?

FANZAについての説明されている『ABOUT FANZA』には次のように記されている。

「FAN」は、「FANtasy」(ファンタジー)の「FAN」、そして「ZA」は日本語の「~座」の「座」という意味と、「ZからAまで」という二つの意味を込めた造語になっております。

「人間の持つ様々なファンタジー、妄想、幻想を、AからZまで取り揃え提供していく場所」というメッセージを込めた名称です。

引用:ABOUT FANZAより

なるほどなるほど、たしかに人間の想像力には限りがない。

相対性理論を発表し、20世紀最高の物理学者とも評されるアルベルト・アインシュタインは、

『私たちの行動は、他の高等動物の行動とはあまりにもかけ離れているように見えますが、基本的な本能は人間も動物もたいへんよく似ています。
最大の違いは、人間が強い想像力を持っていて、言葉の助けを借りて思考するということです』という言葉を残した。

また世界で一番のテーマパーク、ディズニーの世界を作り出したウォルト・ディズニーは、

『ディズニーの成功を支えている最も重要な要素は、遊び心と好奇心だ。遊び心とは、笑うことを愛する、というアピールをする気持ち。
好奇心とは、常に人間の心にあって、想像力によって刺激されて生まれたものだ。』と語った。

学問に芸術、暮らしやエンターテインメントまで、想像することで人は豊かになってきたのである。

FANZAがそのあまねく全てを取り揃え提供するというのであれば、これはあっぱれという他ないだろう。

ただ悲しいかな、このFANZA。

DMM.R18からのネーム変更なだけあって、実情やってることはエロサービスの配信である

それも動画からゲーム、ニュースサイトの運営まで、手掛ける範囲は非常に広い。

これを考慮に入れたうえで「人間の持つ様々なファンタジー、妄想、幻想を、AからZまで取り揃え提供していく場所」の部分を読み直すと、

『俺たちは、ありとあらゆる変態のどんな性癖にも対応していく』という宣言以外の何物でもないと思うのだが、いかがだろうか。

インターネット老人会しかわからない例えで恐縮だが、これほどまでにエロを取りそろえるという意気込みは、まさに現代に蘇りしマニア天国ではなかろうか。

これで終わりではない、FANZAのロゴマークについて次のように続く。

ロゴマークについては人体の曲線美から着想を得て、5つの文字が繋がるようなデザインを採用しています。ゴシック調のフォントは幻想的かつ誘惑的な雰囲気を持ち、「FANZA」のメッセージを具現化したロゴマークになっております。』

おいおい、いくら何でも狙いすぎだろう

やってる事業がエロで人体の曲線美から着想を得て、5つの文字が繋がるようなデザインって、

それ完全に5P以外の何物でもねえじゃねえか。

ネットの反応を見ると『エロを切り捨てやがって、汚いことしやがる』『DMMって響きがエロすぎる、一般をFANZAにするべき』『無駄なあがき』などと言った意見が多く見られるのだが、

名前の由来を考えればDMM.R18の方をFANZAに改名する以外選択肢はないだろう参考:トゥギャッター

個人的な感想を言わせてもらえれば、上記のことを除いても、R18をFANZAにしたのが間違いだとは思わない。

5年前の今頃、何が流行り、どんなニュースが流れていたかを正確に思い出せる人が少ないように、DMMがエロを切り離して事業を続けていればDMM=エロという発想も次第に薄れていくだろう。

またドラえもんの声優が大山のぶ代さんから水田わさびさんに変更になった時に違和感があったように、何かを変更すると、変更前を知っている人が違和感を持つのは仕方のないことである。

しかし最初は違和感があったとしても、今では水田さんの声がドラえもんとしてちゃんと受け入れられている。

今はまだFANZAと言われても馴染めないだろうが、そのうちDMMだったということを知らない世代が増えてきて、FANZAはFANZAとして見られるようになる日が来ると思う。

最後にどうでもいい話だが、FANZAの#sorameというページは一度見ておいて欲しい。

トップページツイッターのヘッダーに使用されている、錯視を起こさせる画像を紹介しているページなのだが、バカバカしすぎて最高に笑える写真ばかりである。

撮影したカメラマンの写真一枚一枚に対する感想や、苦労した話などのインタビューを読むことができ、偶然撮られたように見える写真にも様々な努力があるということを知ることができる素晴らしいページである。

ただ、このインタビューの最後の部分に、

もしかしたら、#sorameは自分の性的な素養と向き合い、そして可能性を広げるというコンテンツなのかもしれませんね。

というメッセージがあるのだが、

絶対そんな高尚なもんじゃないと思った。

もし可能性が広がるとしたら確実に性的な意味でだろうな、これ。

『黒ギャルに派手な水着が似合う説』は本当なのか?

2018.08.24

1 個のコメント

  • アダルトサイトで急成長したのに一般層へのイメージが悪いからか
    本業の方の名前変えちゃたみたいでちょっとショックだったなぁ
    ネットとかでもあんまり新しい名前が浸透してない感じします
    男性のネット民はやっぱりお世話になったDMMって名前に親近感あるかも

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください