夏だ!海だ!『かまたまソフト』だ!香川県で売られている頭のおかしいソフトクリームを紹介する

夏と言えば冷たいものが食べたくなる季節。

冷たいものの中でも僕はソフトクリームが大好きなのだが、我が故郷の香川県には制作者の頭が暑さでやられてしまったのではないか?と勘ぐりたくなるようなソフトクリームが存在する。

その名も『かまたまソフト』である。

引用:食べログ『しょうゆ豆本舗×浪花堂餅店 』

バニラ味のソフトクリームに生姜を少しばかり練りこみ、その上にネギと醤油をかけて香川の名物うどんを表現しようとしたという、なぜそんなことをやろうと思ったんだとツッコまずにはいられない一品。

香川県と言えばうどん県への改名に始まり、離乳食にうどんを食べさせ、年越しにうどんを食べ、うどんのために小麦粉を開発し、果てはうどんで発電してエネルギーを得ようとするなどストレートのみで勝負した全盛期の藤川球児のように、うどん一本に全力を注いでいくスタイルを貫いているのは皆さんご存知かと思う。

そんなうどん愛に溢れた県であることは承知の上であったのだが、それでも『かまたまソフト』が発表されたときは「やっぱ香川県は発想がぶっ飛んでんな」と思ったものである。

で、恐縮なのだが、味うんぬんの話に行く前に先に色々とツッコんでおきたいところがいくつもある。

まず確かに『かまたまソフト』は発想は面白いのだが、そもそもソフトクリーム屋に来る人間はソフトクリームを求めているのであって、うどんを食べたいのならうどん屋に行くのである。うどん屋はその辺にいっぱいあるしな。

お店の看板には『うどん好きが驚いた!』とのコメントが添えられているのだが、ソフトクリームなんだからソフトクリーム好きが驚かないとおかしくないか?と思わざるを得ない。

そして何より美味さに関しては何も言及されていない恐ろしさである。

うどん好きじゃなくても驚かせられるのは見ればわかる、見た目からは想像がつかない味についても書いておいて少しは欲しい。

あと『かまたまソフト』と銘打っているのに卵がのっていないのは誇大表現ではないのか?問題である。

『かまたま』と言えば釜から揚げたうどんに卵を絡めて食べるから『かまたま』であり、このように卵がかかっていないのであれば、それは『かまあげソフト』が正しいと思うのだがどうだろう?(釜から揚げてもないだろって正論は無視します)

まあ開発した方たちもコーンの上に卵をのせるスペースがないために断腸の思いで諦めたのだろう、帰省した際にはぜひ卵を絡めてみたいところである。

で、常々思っていたことを言い終えたので肝心の味の方に移りたい。

まずどんな味なのか。

食べた瞬間はソフトクリームの甘さが口いっぱい広がるのだが、それも束の間、ネギと醤油を認識し始めると急激にうどんの風味が追随してくる。

かと思うと気を抜くとソフトクリーム本来の味も復活したりで、結局は見た目のまんま、ソフトクリームとネギと醤油を同時に食べた味である。

正直なところ、これを読んでくださってる方からは『こんなゲテモノとしか思えないモン、絶対不味いやろ』と思われているかもしれないが実は普通においしいのである。

商品としてお店に並んでいるのだから当然なのだが、悪ふざけが過ぎる見た目とは裏腹にちゃんと食べられる味になっている。

醤油とネギとバニラのバランスが絶妙で、想像より全然味にまとまりがあるのだ。

ただ酢豚にパイナップルのように、ソフトクリームという甘い食べ物に醤油とネギの組み合わせはダメな人は全然受け付けないだろう。

完全に好みが別れることは間違いないので、何人かで1つ食べてみてイケる!と思った人に食べてもらうのが無難だろう。

ちなみに僕が食べたときは店員のお姉さんから『ネギと醤油と一緒に食べるとうどんっぽくなりますよ』と笑顔で手渡されたのだが本気で『何言ってんだろこの人』という気持ちが強すぎて上手く言葉が出てこなかった、しかも食べてみたら本当にそんな味がするし。

あまりの衝撃とおかしさに危うく吹き出しそうになり、なかなか笑いをこらえるのに必死だった覚えがある。

とまあ人を選ぶ食べ物ではあるものの、いい意味か悪い意味かは置いておいてインスタ映えしそうな食べ物でもあるし、香川県に来られた際は一度食べてみてはいかがだろうか。

あ、普通のソフトクリームの方がいいって人は『おいりソフト』にしておいた方がいいと思うよ、あれは普通に美味いしインスタ映えもするし。

『かまたまソフト』を食べてみたい人も、『おいりソフト』を食べてみたい人も、どちらも香川県の観光地の1つ『金刀比羅宮』に行けば食べることができます。ぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください